About Yo

This author has not yet filled in any details.
So far Yo has created 30 blog entries.

料理教室 2015年10月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

10月は、シンプルでおいしい、フランスの家庭の定番メニュー トマトとマスタードのタルト トマト&マスタードを薄い特製生地に並べて焼くタルト・サレ。休日のランチやパーティーの持ち寄りなどにぴったりのインパクトのある味です。 Steven流アッシ・パルマンティエ じゃがいものピュレと牛挽肉などを重ねて焼く、フランス家庭料理やの定番。チャツネを添えて、味わいを変えて楽しみます。 3つの味のガトー フランボワーズソース添え カスタードとフランとスポンジの三層のケーキをぜいたくに味わいます。甘酸っぱい自家製フランボワーズソースを添えて。 飲み物は赤ワイン 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

料理教室 2015年9月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

フランス東部にあるサヴォア地方は、アルプスや湖に囲まれた自然豊かな地。ワイン、チーズ、肉料理などサヴォア地方ならではの料理を味わいます。 サヴォア風サラダ チーズをとろーりとかける、サヴォアらしいサラダ。生ハム、くるみ、バゲットなどが入る、ボリューム満点の前菜です。 キャベツ入りソーセージとグラタン・ドフィノア キャベツがたっぷり入った自家製ソーセージは、口あたりが軽い新しいおいしさ。郷土料理の定番、じゃがいもで作るグラタン・ドフィノアを添えて。 りんごのマトファン クレープでもパンケーキでもないマトファンは、フランスの家庭で作られるもちもちおやつ。フライパンがあれば作れます! 飲み物はAOCヴァン・ド・サヴォアの辛口白ワイン 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

料理教室 2015年8月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

日本の旬の食材をフランス風にアレンジ。あらかじめ準備しておけるので、気楽にゆったりと夏の食卓を楽しみましょう。 枝豆のフムス 夏の定番枝豆を、クリーミーなフムスに仕上げます。ビールやワインとも好相性。パンにたっぷりとぬっていただきます。 白身魚の刺身とレンズ豆のサラダ 白身魚のとろける食感とレンズ豆のプチプチした歯ごたえ。シンプルな材料でもメインディッシュになる、味わい深いサラダです。 梨とジンジャーのタルト デザートではちょっとめずらしい、日本の梨としょうがを使ったタルト。さくっとする梨にぴりっとしょうががきいた、意外な組み合わせで元気のでるデザートです。 飲み物は味わい深い国産ワイン! 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

料理教室 2015年7月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

テーマは地中海地方。今回は敢えて郷土料理でなく、フランスで人気のオリエンタルな味、隣国の味を組み合わせた夏らしいメニューです。 キャロットタルト クミン風味 人参とクミンは相性抜群。ワインがすすむ一品です チキンと自家製ペーストの冷製パスタ 応用範囲の広いペースト。暑い季節だから冷たいパスタに使います。 バクラバ(トルコ風パイ菓子) サクサク、パリパリの食感がたまらないトルコの伝統菓子。ミントティーと一緒に。 飲み物はシチリアの白! 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 6月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

旬を迎える夏野菜を使って、南仏プロヴァンスの食卓のようなメニューを作ります 卵のココット ローズマリー風味 半熟に仕上げる卵はパンにからめると立派な前菜。シンプルでハーブの香りがきいたおもてなし料理を、簡単に作ります。 プロヴァンス風キッシュ 夏野菜のグリルサラダ フランスのカフェでよく見かけるキッシュプレート。夏野菜をたくさん入れる、食べ応えのあるキッシュにグリルサラダを添えて。 レモンムース アプリコットソース添え レモンムースのふわっとした食感、アプリコットソースの酸味と甘み、さくさくのクランブル。女性がきっと好きな、初夏らしいデザートです。 飲み物はロゼ! 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 5月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

間違いない「ビストロ」の味+「ガストロノミー(美食)」のアレンジを加えたフランスで今人気の「ビストロノミー」を作ります コントラスト・トリオ サクサクのチュイル、まろやかなほうれん草のムース、歯ごたえの残る野菜のチャツネ。色も味も歯触りも違う3つの前菜を、1度にぜいたくに味わいます。 豚肉のブレゼ マスタードソース スモークポテト添え 柔らかく煮込んだ豚肉ブレゼ(煮込み)は、これぞビストロ!なボリュームたっぷりなメインディッシュ。スモークしたポテトは、おつまみにもぴったりです。 ミント風味のクレームブリュレ ビストロで定番のクレームブリュレに、ミントの風味を加えることで爽やかに仕上げます。新鮮でクセになる味わいです。 飲み物は赤ワインを合わせます。 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 4月のメニュー

2016-10-27T07:01:58+00:00

4月はブルゴーニュの郷土料理。フランスのビストロで出てくるような料理を、おうちで作れるようにしました。 エスカルゴのバター焼き パルメザンのビスキュイ添え ガーリックバター味のエスカルゴは、食欲を後押しする前菜にぴったり。パルメザンチーズのきいたビスキュイとともに、簡単でワインによく合う前菜です。 コックオヴァン ファルファッレ添え 赤ワインで鶏肉をほろほろになるまでじっくり煮込みます。野菜と鶏のうまみが濃縮された赤ワインソースは、ファルファッレにからめて。 りんごの赤ワイン煮 フランボワーズソース添え りんごを丸ごと赤ワインで煮ます。中はちょっぴりさくさく、外側はとろっとろ、いろいろな食感を楽しめます。 飲み物は赤ワインを合わせます。 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 3月のメニュー

2016-10-27T07:01:59+00:00

今月のテーマはシャルキュトリーにならぶ伝統料理。ワインにとってもよく合います。家飲みでゆったり寛ぎたい日の定番レシピとして、ぜひ。 Steven特製簡単テリーヌ リクエストの多かったStevenのテリーヌ。今回ご紹介するのは、面倒な下ごしらえナシ、作ったその日に食べられる簡単美味しいレシピです。 ソーセージとレンズ豆の煮込み 家庭の食卓にもビストロにも登場する定番メニュー。野菜から出た旨みをたっぷり吸い込んだ豆は手づくりソーセージと抜群の相性です。 イル・フロッタント カスタードの海に浮かぶ白い島。ふわふわのメレンゲにバニラの香りのソースとカラメルをたっぷりとからめていただきます。 飲み物は白ワインを合わせます。 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 2月のメニュー

2016-10-27T07:01:59+00:00

2月といえ ば日本ではバレンタイン、フランスではシャンドラー(クレープを食べる日)。その2つを合わせ、さらに伝統的なポトフをもっと美味しくアレンジした自信作をご紹介! 海の幸ベシャメルソースのクレープ包み クレープでできた包みにナイフを入れると、中から海の幸とあつあつベシャメルソースがとろーり Stevenの特製ポトフ 簡単にできる料理の代表格。ポトフ。今回ご紹介するのはStevenオリジナルの味つけの牛肉ポトフ。スープも残さず全部味わい尽くしたい美味しさです。 トリュフとホワイトチョコクッキー、おばあちゃんのショコラショー デザートはショコラづくし。Stevenの大好きなおばあちゃん直伝ショコラショーは、 ラムを調節すればお子様向けに。 飲み物は白ワインを合わせます。 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください

サンパの料理教室 1月のメニュー

2016-10-27T07:01:59+00:00

寒い季節。心も体もあったまるメニューと ガレットデロワを囲んで、公現節を祝いましょう。 グジェールとフムス さっくり焼き上げた塩系のシューに、アレンジの効いたフムスをのせて。チーズの塩味とトマトの酸味がワインと好相性。 七面鳥のブランケット フランス家庭料理の代表メニュー。白身肉を煮込んで小麦粉などで真っ白に仕上げます。風味たっぷりのソースにライスを添えて。ご家庭で作るときは鶏肉でも。 ガレットデロワ 公現節(1月6日)に皆で食べる伝統のお菓子。中に隠れたフェーブが当たった人には王冠を。何かいいことありそうです! 飲み物は白ワインを合わせます。 参加費:10,000円+消費税 場所:阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分 問合せ:03-3337-7933 お申込み:ご都合のよい日程を選んで申し込んでください